07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

フェリー編~2011年帰省~

2011.08.24 (Wed)

8月4日~15日の日程で、北海道へ帰省していました。

我が家は新潟まで高速道路を利用。
新潟~小樽間をフェリーを利用し帰省します。

飛行機の方が時間もかかりませんが、その場合は道内の移動がレンタカーになります。
5人分の往復飛行機代と1週間以上のレンタカー代となると…、恐ろしい金額になりそうでしょ。

片道1日と移動時間はかかりますが、日本海経由が一番費用がかからず帰省できます。
フェリーの乗船時間は片道18時間半~20時間です。
南行きは潮の流れに逆らうので、約20時間かかります。

車両を置いたところから船室の間にペット用の部屋が3つほどありました。
覗いてみると日盲で貸し出されるクレートくらいのケージがいくつかありました。
車両を置いたところから2階上のこの部屋まで抱っこまたはクレートやキャリーバックでの移動、そしてこの部屋の中でワンツーもフードを済ませるみたいです。

青森~函館間のフェリー利用になると乗船時間4時間ほどのようですが、函館から札幌までの高速がつらかったのですよね~。函館から登別のあたりまで200キロ近く対面通行ですから~。


往路 5日~6日

ウィングは4日の午前中に訓練センターへ連れていき一時預かりへ。

その夜出発して、高速のサービスエリアで何度か休憩。
最後のパーキングエリアに着いたのは翌日の2時半頃。新潟港まで20キロ地点です。
さぁ仮眠だ~と思ったら、たっぷり眠った娘が起き出し『喉がかわいた』だとか『おなかすいた』と私の睡眠の邪魔する。
皆を起こしてしまいそうなので、
110805-5.jpg 外に出て日の出を迎えました。

フェリー乗り場で乗船手続きをして、
110805-6.jpg 船室へ移動。
うるさい子ども達がいるので個室を取りました。
2等の方がもちろん安いけど、相部屋で周りに気を使うしね~。

子ども達に宿題の指示をして、ベッドに寝ころんでたら寝てしまったようです。
目覚めたら11時半。
出航から1時間も過ぎてました。
食欲もある。
波はとても穏やか。
110805-7.jpg 全く船の揺れもありません。
揺れもないので、手芸をしてました。
110805-1.jpg チクチク縫いでティッシュケース。
船酔いしないって、なんて幸せなんでしょうmoblog_6d78795b.gif

夕食のあと、天気がいいのでビアガーデンにも行ってみた。
110805-9.jpg 子ども達はかき氷、私はビールmoblog_02069102.gif

110805-8.jpg110805-4.jpg
110805-10.jpg
ちょうど夕陽の時間できれいな空でした。

翌朝は3時半起床で下船準備を始めるので早めに就寝しました。

翌朝4時。
フェリーが小樽港に近づきます。街の灯りが近づき、
110805-11.jpg ワクワクする小学1年生の娘と甥っ子。

北海道に上陸しました~。
110806-4.jpg 小樽の街は往復ともに素通り。
観光地なのに、美味しいお寿司もあるのに、家から30分ちょっとなのに、誰も小樽に行こうとは言わなかった。


復路 14日~15日

9時に港に到着。
乗船手続きをして、私と子ども達は一足先に船内へ。
出航まで1時間ちょっとあり、その間に小腹を満たしました。
110814-1.jpg 北海道~バイバイ~

港を出てから1時間ほど仮眠。
往路は陸側の部屋だったけど、今回は海しか見えない。
景色が変わらずつまらないかも。
出航前の船内アナウンスで午後から1~2メートルの波とは言ってたけど…(>_<)
110814-2.jpg 確かに往路とは違う海。
白波は見えるし、波がゆっくり上下に動いてました。
揺れていたのは積丹のあたりから青森のあたりまで。
頭が重く、耳の閉塞感があって、船酔いです。
今回はまだ食べられるけど。
札幌にいる間は睡眠不足が続いていたので、ひたすら寝ました。
飛行機も嫌いだけど、船は酔うから苦手かも。

夕焼けは天気が悪く見ることができませんでした。

携帯は奥尻島の付近で1時間ほど使えて、それ以外はほぼ圏外です。
外にも出られないし、テレビ観て寝るだけでした。
110815-1.jpg
朝6時に新潟に到着。
途中お墓参りをして、13時過ぎに帰宅しました。

家に戻ってショックな出来事が・・・。
何故かテレビの録画が出来ていなかった。
間違って1度だけリビングのブレーカーを落としてしまったから???
渡鬼も江も2週分録画されていなかった(>_<)

関連記事

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール - ジャンル : ペット

08:38  |  2011年夏  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |